このエントリーをはてなブックマークに追加

使っているサーバのCPUが「何コア?」で、「ハイパースレッドはあるのか?」、「キャッシュサイズは?」、「仮想化対応しているか?」といった、スペック情報を知りたい場合に使える方法として/proc/cpuinfoを確認するという方法以外にlscpuというコマンドもあります。 /proc/cpuinfoは結構誤解が大きかったりわかりにくい情報もあるのですが、lscpuは解り易い出力が便利です。

以下にlscpuの出力を表示します。

$ lscpu
Architecture:           x86_64
CPU op-mode(s):         32-bit, 64-bit
Byte Order:             Little Endian
CPU(s):                 1
On-line CPU(s) list:    0
コアあたりのスレッド数: 1
ソケットあたりのコア数: 1
CPUソケット数:          1
NUMAノード:             1
ベンダーID:             GenuineIntel
CPUファミリー:          6
モデル:                 42
ステッピング:           7
CPU MHz:                2791.109
BogoMIPS:               5582.21
L1d キャッシュ:         32K
L1i キャッシュ:         32K
L2 キャッシュ:          256K
L3 キャッシュ:          4096K
NUMA node0 CPU(s):      0

CPUコアの数やハイパースレッドの正確な情報が、以下の部分で解るのは便利です。

コアあたりのスレッド数: 1
ソケットあたりのコア数: 1
CPUソケット数:          1

また、キャッシュサイズもL1~L3それぞれのサイズなどを表示してくれるのも解り易くてよいです。

L1d キャッシュ:         32K
L1i キャッシュ:         32K
L2 キャッシュ:          256K
L3 キャッシュ:          4096K

このあたり、/proc/cpuinfoでは詳細に表示できませんでした。

ちなみにCentOS 6系のman lscpuを確認すると以下のようなバグがあるという表示があるので、その点は注意が必要そうです。

 BUGS
   The basic overview about CPU family, model, etc. is always based on the first CPU only.
   Sometimes in Xen Dom0 kernel reports wrong data.


コメント投稿
最大255
最大1000
最大255
Email never displayed on this site. 最大255
Site is displayed. 最大255

記事一覧へ