このエントリーをはてなブックマークに追加

rpmパッケージをインストールすると様々なファイルがホスト上に配置されます。 インストールしたパッケージに関連しているファイルがどこにあるかを知りたくなる場合があります。 yumやrpmコマンドによってインストールされたファイルの一覧は、 qlオプションを指定してrpmコマンドで取得することができます。 コマンドの書式は以下のようになります。

rpm -ql <パッケージ名>

以下では、例としてopensshパッケージによってインストールされたファイルの一覧を 表示しています。

$ rpm -ql openssh
/etc/ssh
/etc/ssh/moduli
/usr/bin/ssh-keygen
/usr/libexec/openssh
/usr/libexec/openssh/ssh-keysign
/usr/share/doc/openssh-5.3p1
/usr/share/doc/openssh-5.3p1/CREDITS
/usr/share/doc/openssh-5.3p1/ChangeLog
/usr/share/doc/openssh-5.3p1/INSTALL
/usr/share/doc/openssh-5.3p1/LICENCE
/usr/share/doc/openssh-5.3p1/OVERVIEW
/usr/share/doc/openssh-5.3p1/PROTOCOL
/usr/share/doc/openssh-5.3p1/PROTOCOL.agent
/usr/share/doc/openssh-5.3p1/README
/usr/share/doc/openssh-5.3p1/README.dns
/usr/share/doc/openssh-5.3p1/README.nss
/usr/share/doc/openssh-5.3p1/README.platform
/usr/share/doc/openssh-5.3p1/README.privsep
/usr/share/doc/openssh-5.3p1/README.smartcard
/usr/share/doc/openssh-5.3p1/README.tun
/usr/share/doc/openssh-5.3p1/TODO
/usr/share/doc/openssh-5.3p1/WARNING.RNG
/usr/share/man/man1/ssh-keygen.1.gz
/usr/share/man/man8/ssh-keysign.8.gz

このrpm -qlコマンドはインストールされているパッケージに対する情報を取得するコマンドです。 インストールされていないのrpmの情報はqlオプションでは取得できません。

$ rpm -ql epel-release-6-7.noarch.rpm 
パッケージ epel-release-6-7.noarch.rpm はインストールされていません。

インストールされていないrpmパッケージに含まれるファイルを確認する場合はpqlオプションを使います。

$ rpm -pql epel-release-6-7.noarch.rpm 
/etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
/etc/rpm/macros.ghc-srpm
/etc/yum.repos.d/epel-testing.repo
/etc/yum.repos.d/epel.repo
/usr/share/doc/epel-release-6
/usr/share/doc/epel-release-6/GPL


コメント投稿
最大255
最大1000
最大255
Email never displayed on this site. 最大255
Site is displayed. 最大255

記事一覧へ