このエントリーをはてなブックマークに追加

killコマンドを実行するときは、killコマンドにプロセスIDを指定する必要がありますが、 pkillコマンドを使うことで、わざわざプロセスIDを調べてプロセスをkillするのではなく、 プロセス名で直接killシグナルを送ることができます。

pkill <シグナル> <プロセス名>

試しに、適当なプロセスとしてsleepを起動してpkillでシグナルを送ってみます。

$ sleep 100 &
[1] 3059
$ sleep 100 &
[2] 3060
$ pgrep sleep
3059
3060

これでsleepプロセスが2つ動いていることがわかります。

$ pkill -9 sleep
[1]-  強制終了            sleep 100
[2]+  強制終了            sleep 100
$ pgrep sleep
(何も表示されない)

pkillにプロセス名を指定してプロセスを停止させることが出来ました。



コメント投稿
最大255
最大1000
最大255
Email never displayed on this site. 最大255
Site is displayed. 最大255

記事一覧へ